LIVRO juudonosuiminjimukokyuusyoukougungakaizenshita byouinmosyujutsumokirainawatashigayattawaruagakitoreining (Japanese Edition) PDF Iki Yoshiyuki

BAIXAR LIVRO ONLINE

Resumo

(筆者まえがきより)最初からお断りしておかないといけませんが、この本は筆者である私の「体験談」です。病状の改善について何らかの効能をお約束したり、治療法をお勧めしたりするものではありません。この本では、私が睡眠時無呼吸症候群を発症した経緯や、症状改善のために行った試行錯誤など、過去の体験をお話しした上で、個人的に有効と感じたトレーニング法を記載しています。言わば、睡眠時無呼吸症候群やイビキの症状改善を目指す人に対し、「私にはこのトレーニング法が有効に感じましたがご興味ありますか?」という、「提案」にも至らない「ご報告」程度の本です。なぜ最初から念を押して注釈を入れるかと言うと、医師でない私が医事法等に抵触しないよう配慮したのはもちろんですが、多くの人を対象にした実績やデータが全くない事に対する、私からのお詫びの気持ちがあるからです。この本をお読みいただいたということは、「もしかしたら症状が良くなるかもしれない」と期待して頂いたということですから、私としてもその期待に応えたいところですが、それができないかもしれません。だからこそ最初に、あまり期待しないように念を押しておきたいのです。ただ、あくまで個人的な体験でお話させてもらうならば、私がやったトレーニングを試してみることに損はないと思っています。基本的に、重症の無呼吸症やひどいイビキには、口蓋垂の周囲の切除手術を病院で勧められますので、それはイヤだという方も多いはずです。そういう方が、たとえ一時しのぎであろうと、ただの悪あがきにすぎないとしても、少しでも症状を改善できる可能性があるならば何でもトライしたい、という気持ちをお持ちであろうことはよく理解しています。この本が、そういう方の症状改善のために何らかのお役に立つのであれば著者として非常に嬉しく思います。ただし、何度も繰り返しますがこの本はあくまでも個人的な体験談としての域を出ません。症状の改善のためには基本的に、いいえ、必ず、病院で適切な診察と治療を受けて頂けますよう宜しくお願いします。